おまとめローンの基本

不景気が続き、給料の低迷が続いている中、ガソリンや乳製品の高騰などで生活費が圧迫され、借入をする方がどんどん増えています。

お金に困って借りる→また返済に困って借りる、といった負のスパイラルになりますので、おまとめローンで返済先は一本化して、返済金利や面倒な返済日管理を楽にしましょう。

おまとめローンのような金融商品は、基本的にどの金融機関でも取り扱っています。

金融機関ごとに差が色々とありますが、最も大きな差は金利です。

比較的簡単に借り換え(おまとめローン)ができる金融機関ほど金利が高くなる傾向があります。逆に、審査基準が厳しい金融機関ほど金利も低くなると言えます。

CMなどでおまとめローンを宣伝している場合、その宣伝文句が魅力的なので飛びつきたくなりますが、実はそういった金融機関ほど、金利は高くなる傾向にあります。

おまとめローンを相談するなら、少しでも金利が低い金融機関を選びましょう。

また、自分にあった金融機関を選ぶことも大切です。無担保、審査軽視などといったうたい文句を掲げている金融機関は、別のリスクを提示されると思って間違いないでしょう。

ご自分の力で返済できる範囲を把握し、なるべくご自分の身の丈に合ったプランを選ぶように心がけましょう。

 

Comments are closed.