おまとめローンの審査対策

金融会社におけるおまとめローンの審査で重要視されているのが、申請者の勤続年数です。3か月、6か月未満は不合格、という最低ラインの設定をしている金融会社が多いです。

勤続年数が1〜5年の方は、『普通』評価となります。現時点で1年に満たない人は、もう少し待てば、より高評価が得られるようになります。

次に、いわゆる「ブラックリスト」にのっている方は、間違いなく審査に不合格になります。

主に、3か月以上返済が遅れている方や、自己破産をはじめとする法的処理が行われた方のことを意味します。

「ブラックリスト」の情報は、事故の状態が解消されてから、少なくとも1年〜10年は抹消されません。ですのでその間はおまとめローンの申請が受理されませんのでご注意ください。

また、多重申し込み者も、審査不合格対象となります。審査に合格したいと焦るあまりに、複数の金融会社に対して同時におまとめローンの申請をするケースがあります。

金融会社の担当者は、おまとめローンの申請があると、まず個人信用情報センターに情報を照会します。そこで、同時申し込みの履歴が発覚すると、重度にお金に困っている人と判断し、不合格とするのです。

必ず不合格になりますので、同時に申請する事はやめましょう。

 

Comments are closed.